あなたは大丈夫? 男性に恋愛対象として見られない女性の特徴4パターン

あなたは大丈夫? 男性に恋愛対象として見られない女性の特徴4パターン

オトコとオンナって、「ものすごく違う」生きものなので、女性が「あたしイケてる」と思っていても、男はさほどの評価もしていなかったりします。
今回は、男性に恋愛対象外にされてしまう女子の特徴を4つに絞ってご紹介したいと思います。

(1)いつも忙しい
デートの約束を取り付けようにも「この日は夕方からピラティスのレッスンだからデートできない」とか「この日は女子会だからダメ」とか、いつも忙しい女性って「ハミ子(ハミゴ)」にされがちです。
女性のなかで、暇であることが恥ずかしいことのように感じている人もいるかと思いますが、そういう発想をどうにかしましょう。毎週末、なんの予定もなく愛犬と自宅でゴロゴロ……。このような内容でも良いように思います。

(2)ネイルが盛り盛り
ゴテゴテのネイルって、あまり男ウケがよくありません。
女性が「お姫様みたい」と感じて悦に入っているようなことは、すべて男ウケが良くないと思っておいたほうが良いかも知れません。フリフリの白いスカートとか、すごく長くてふさふさしているまつげとか…。
頭のなかで、ピンクの象さんでいっぱいなかんじがするのです。常識が無いな…と男は思います。常識がないように見える女性って、男からすると「めんどくせ~」ってなります。

(3)ブランド品に目がない
とっくの昔にバブルは終わっているのですが、ひとりバブルな女性って、男からすると「お金が掛かりそう」とか「ヤバそうな男がバックにいるのかな」と思ってしまうものです。特に、ブランド物の指輪をいくつも付けている女性は、ほぼ絶対的に「男、いるんじゃない?」と思われます。指輪は1つも付けないで出勤する。これは売れっ子キャバ嬢の鉄則であるとも言われています。

(4)感情表現が豊かすぎる
おいしいものを食べたときに「わ~! おいしい! すごい! ねえねえ、おいしいよ!」などとデカイ声で感情を表現する女性は、男からするとめんどくさいのです。
まったく「ノーリアクション」で食事をされても「どうしたのかな?」と思いますので、感情表現は常識の範囲内でするべきでしょう。

いかがでしたか? いつの時代も、男って三つ指をついて「いってらっしゃいませ」をしてくれる清楚で謙虚で一歩引き下がっている女性を愛するのかもしれません。
女性が社会に出て仕事をするようになった今、そういう女性が少なくなったから晩婚化が進んでいるとも言えそうです。最近の恋人同士は、キャピキャピできなくなった頃を見計らって「結婚しよ」とか「付き合お」とか言うのかもしれないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る