アパレル業界で働くには、大きく分けて選択肢はふたつ! そのひとつ、本社スタッフってどんな仕事?

アパレル業界で働くには、大きく分けて選択肢はふたつ! そのひとつ、本社スタッフってどんな仕事?

『アパレル業界で働く』。さて、大きく分けてふたつの仕事が選択肢として考えられます。ひとつが、ショップスタッフとしての仕事。もうひとつが、ブランドやセレクトショップの本社スタッフとしての仕事。ショップスタッフの仕事は、顧客に対して接客しながら販売をしていく仕事です。経験を重ねていくとショップを統括する仕事をまかされるようになり、ショップの売上管理なども業務に入ってきます。アパレル業界以外の人間にとっても、ショップスタッフは自分が買い物に行った際などに接する機会が多いことや、他業界の店舗運営と似たような部分もあることから、仕事内容も把握しやすい部分があります。

では、本社スタッフの仕事はどのようなものなのでしょうか?まず、アパレル業界といっても、一般的な部署は他業界と業務が同じです。例にあげると、経理・財務や人事関連、総務などですね。これに対し、『アパレル業界ならでは』といった特徴を持つ部署が存在します。『アパレル業界の本社スタッフとして働きたい』という希望を持つ多くのひとが憧れる部署でもあります。具体例をあげると、営業関連、各ショップの統括担当、仕入れ担当、商品開発(デザインはこちらに含まれることがほとんど)、プレス(PR)……このあたりの部署が、アパレル業界ならではと呼ばれています。

本社内スタッフならでは! ブランドやセレクトショップに携わる醍醐味
本社内の仕事のため、そのブランドやセレクトショップの根幹に触れることができ、アパレル業界の裏の裏まで楽しめるため、洋服好きにはたまらない仕事。どの部署も非常にハードな仕事内容ではあるのですが、流行の最先端を発信し続ける醍醐味は代えがたい喜びとも言われているほど。有名なブランドや、大手セレクトショップになればなるほど、外部との連携も日常茶飯事なため、雑誌編集やプレス、有名スタイリストやモデルなどが多数出入りすることでも知られています。ブランド独自商品のみならず、有名スタイリストやモデル、ファッション雑誌などとのコラボでの新商品開発もあったりと、刺激を受けることが多い日常です。また、ショップ統括部署になると、各ショップのコンセプトからディスプレイやレイアウトのマニュアル作成や指導に至るまでが業務に含まれるため、自分の携わったことが各ショップに反映される喜びはかけがえのないものです。

街を歩いているだけでも自然と意識が変わる……仕事への責任感が生まれる瞬間
ありとあらゆるブランドのすべてが本社に集約されているため、そのブランドを担う使命や責任感がなおさら生まれやすいのが、本社スタッフ。街を歩いているだけでも、自然と意識が変わるのも楽しいことです。ブランドやショップの縁の下の力持ちでもあるのが、本社スタッフです。充実しながらとことん仕事ができるので、ぜひ狙ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る