アパレル業界の登竜門! ショップスタッフの仕事で学ぶ、たくさんのこと

アパレル業界の登竜門! ショップスタッフの仕事で学ぶ、たくさんのこと

ファッション好きの多くの方が一度は考える、アパレル業界への就職や転職。「好きな洋服に携わる仕事に就けるなんて幸せ!」……ただし、現実的に「本気で就職または転職してみよう!」となってくると、ただただぼんやりとしたイメージで憧れを抱くだけ、実際に仕事として取り組むことはなかなかできません。早々に挫折してしまいかねないのです。ネガティブな情報も飛びかいがちなアパレル業界。そんな一方的な情報に振り回されることなく、まずは『アパレル業界で働くにはどうしたらいいか?』をチェックしましょう。

アパレル業界に就職や転職を考える方の登竜門と言えるのが、ショップスタッフの仕事です。ショップスタッフでそのまま続けるひともいれば、ブランドの本社スタッフや営業、デザイナーといった職種に移行や転職をしていく前段階として経験を積むひともいます。現場で顧客の生の声を聞き、ニーズを肌で感じながら学ぶ経験はなによりの強みです。スタイリスト業に就く際にも、ショップスタッフの経験があるとプラス。正社員としてこうした各職種に就く前に、アルバイトや派遣としてショップスタッフ経験を積むケースも多いのは、アパレル業界ならではの流れを踏襲しているとも言えます。では、なぜショップスタッフの仕事を経験していると強みになるのか? 具体的にお話していきましょう。

アパレルのショップスタッフの仕事内容とは?
ショップスタッフの仕事内容は、基本的にまず、商品を接客しながら販売すること。ただし、ただ接客していればいいというものでもありません。ショップに訪れ、ショップスタッフの動きを見ているとよくわかると思うのですが、マメに洋服をたたんでいるのを目にしますよね? こうした作業もたいせつな仕事。常に店舗を綺麗に保ち、顧客が見やすく買い求めやすく、雰囲気が良い店舗作りをすることが必須なのです。店頭に飾られたディスプレイやマネキンをその時々にあわせてレイアウト変更したり、商品の配置を変更することが多いのは、まさにこの目的から。そしてこの他に、バックヤード業務が入ってきます。ショップスタッフの仕事で一番多い業務内容が、店頭に立つ接客業務よりもバックヤード業務と言われているほど。商品ストックの整理、顧客への手紙やメールの作成及び発送など。これに加え店長職ともなると、売上管理、商品管理、広告管理など、店舗を運営するための業務が入ってきます。

ブランドの最前線であるショップ経験は、今後のためにも重要となる経験
ショップスタッフ業務は、思った以上に地味な作業の繰り返し。しかし、顧客と触れ合いながら流行の最先端に身を置き、その経験を通して学んでいける醍醐味があります。経験を積むごとに楽しみが増す、ショップスタッフ業務。ブランドの最前線であるショップで経験を積むことは、今後のためにも非常に重要となる経験なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る