理想と現実! アパレル系勤務者の毎月の洋服代が多くなる出費事情とは?

アパレル系勤務者の毎月の洋服代が多くなる出費事情とは?

お洒落なひと、ファッションに気を遣っているひとほど、洋服代にはお金をかける傾向があると言われています。毎月の平均出費額ですが、独身の女性を例にあげてみると、約2~2.5万円。毎月の洋服代は、少ないひとは驚くほどに少なく、多いひとになると平均額の2倍以上という開きがあるほど。ファッション雑貨や、女性になると化粧品代なども入ってくるため、家賃に次いで大幅なウェイトを占めるファッション関連出費は、どう節約していくかによって大きく出費を抑えられるカテゴリーです。

ところが、なかなかそうもいかないのが、アパレル系の従業員。社員と同様に、派遣であっても、基本的には『毎日の仕事着は自腹で購入』。規定がゆるいブランドなどは、自社ブランドの洋服でなくても良かったり、また社割が大きく利くブランドになると、全国平均値が7割を推移していることに対し、定価の3割程度の金額で手に入れることができるなど。ショップによって様々とは言われているものの、やはり、『自分で購入した自社ブランドの洋服を着用した上で、店頭に立つ、プレス対応をすること』がほとんどです。自分自身が広告塔の役割を兼ねるわけですね。このため、同世代よりも出費が圧倒的に多くなる傾向があります。勤務先のブランドアイテムが高額であればあるほど、いくら社割がきくとしても出費額は上がります。新作が出るごとに買い足さなければならない、という事情もあったりして……『理想と現実』のバランスを見ながら選択をしなくてはなりません。

派遣会社という強い味方を持てる派遣の働き方は、時給単価以上にアルバイトより有利!
いくらアパレルの仕事が好きでも、現実問題として、毎月の収入と支出のバランスが悪いと暮らしていくことができません。生活費のバランスは悩む部分でしょう。そこで、派遣の強みを活かしてみてください! アパレル系で働くに際に、アルバイトと派遣の選択肢があるのなら、派遣社員として働くほうが断然有利です。『アルバイトよりも派遣社員のほうが時給単価が高いこと』もそうですが、派遣会社というなによりの相談相手がいることは、心強い限り。派遣会社のコーディネーターは、現状を知り尽くしているプロフェッショナル揃いです。まず、正直に自分の希望を話し、現実面を教えてもらい、その上で働き先を探して選んでいくことができるのです。情報を細かく把握している味方がいてくれることは、出費がかさみがちになるアパレル系で働くにおいて、なによりの強みとなります。

自分にあったブランドやショップの仕事案内をしてもらうことが、なによりのコツ
『理想と現実のバランスが崩れ、辞めていくひとが多い』というネガティブな情報が出回りがちなアパレル系の仕事ですが、派遣の場合は派遣会社という心強い存在がいます。自分に本当にあったブランドやショップを案内してもらうことで、理想と現実のギャップに悩むことを減らすことができるのです。正直に相談してみることがたいせつですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る