今や時代はSNS恋愛! 職種で出会いの幅が狭まらない新しい交流の仕方

SNSでの恋愛アイキャッチ

出会いがないと嘆くひとほど注目している、SNS。TwitterやFacebook、Google+、最近ではLINEなども含まれます。ネットがきっかけの恋愛は、トラブルのほうが目立つため敬遠されがちですが、出会い系サイトと違い、『最初から付き合う目的の交流、品定め』といった毒々しさ、面倒くささがないため、会話のやりとりをするうちに意気投合することが多いのです。自然な友だち同士のノリで、「ごはんでも食べに行こう!」という会話に展開するのですね。あくまでも、仲の良い友だち同士。たまたま出会ったきっかけが、学校でも職場でもなく、SNSだったというだけ。

いわゆる『SNS恋愛』が期待されている背景には、晩婚化傾向が拍車をかけている世相もあるでしょう。収入が低いため結婚ができないというひとたちもいる一方で、結婚したくないというより、仕事をそれなりにしっかりやってきているひとたちほど、業種的になかなか異性と出会う機会がないという悩みをそれぞれが抱えているのです。このため、どういう勤務体系であっても、メールと同様に自分の都合の良い時間にアクセスしたり返事を返せるSNSは、現代恋愛の強い味方となりました。もちろん、危険な人物はシャットアウトしなくてはいけませんが(特に女性はSNSナンパに注意)、幸いブロック機能もついているため、まずは気持ちを楽にしてSNS上での友だち交流から始めてみると、仕事のストレスも解消されるような楽しい会話ができる存在が見つかる可能性は高いです。

出会い系サイトは敬遠するひとたちが、なぜSNS恋愛には好意的なのか?
なぜ出会い系サイトが敬遠され続けているのか? 『犯罪の温床になっているから』『異性トラブルが多く危険だから』などの理由の他に、実はなにより大きな理由が、『最初から付き合う異性探し目的の人間が集まっているため、ガツガツしすぎて毒々しい』といったことがあげられます。確かにたくさんアプローチをされても下心丸出しで迫ってこられては、心を開く気にはなれない状態に入るばかり。そういう意味では、SNSの『友だちになりましょう。楽しい会話をしましょう』という目的を大前提として(そうじゃないひともいるので要注意ですが)交流が楽しめる場のほうが、安心して仲間を見つける気持ちになれるという意味で、ガードが緩くなる傾向はあります。また、著名人が利用しているSNSも多いため、共通の話題で盛り上がりやすいメリットもあるのです。

趣味や息抜きが目的のSNS、気心知れた友だちから恋愛関係に発展することも
ライトなノリで始められるというのは、顔も名前も知らない者同士から始まる付き合いにおいて、現代では楽な面もあります。本来、趣味や息抜きが目的のSNSなので、あまりにもダークな話題や小難しい話ばかりされても息苦しくなる一方です。お互い笑いあえる息抜きの先に、友だち同士として意気投合し、その結果恋愛に発展することはうれしいですね。

photo by lennyvandijk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る