勤務体系に影響大あり? アパレル系勤務者の恋愛相手の傾向って?

アパレル業界の勤務体系での恋愛アイキャッチ

時間的に不規則な生活を送ることが多くなりがちな、アパレル業界勤務者。平日が休みであることが多いのは、ショップ勤務であるならば、休日は顧客が多く訪れるため休みを取ることが難しいからです。また、ショップスタッフではなく、プレスやデザイン関連といった本社スタッフであっても、土日対応やショップに足を運ぶこともあるため、必ずしも休めるとは言い切れません。

こうした現状から、『なかなか異性に出会う機会が少ない』という悩みもあるため、アパレル業界における恋愛事情は、学生時代から付き合っていた彼氏・彼女、もしくは職場恋愛や似ている勤務体系の業種に偏る傾向があります。この、『恋愛における同調』。やはり気心知れる、わかりあえるということは恋愛において特にたいせつですよね。会おうにもまったく会えず、話そうにもまったく話せず……これでは距離も縮まりません。なので、職場恋愛率が高いと言われているのも納得ですね。

同じものを生業にしている業界とのカップル率高し!
ここであえて、『似ている勤務体系の業種』について触れていきましょう。アパレル系の勤務者にとって、異業種で付き合いやすい、カップル率が高い……とは、どの業界にあたるのでしょうか? まず、同じ『美』を生業にしている美容系業界があげられます。美容師や美容室本社のプレス、商品開発系や、エステ、化粧品の店舗勤務、同じく本社プレスや開発系など。『美』という共通項で意気投合もしやすく、職場恋愛に近いような安心感で付き合いがスタートできるメリットもあります。平日に休みが合えば、休日は混んでいるショップやアミューズメント施設なども大いに楽しむことができます。ただし、平日に休みである業種はシフト制であることも多いので、休みの日でも仕事のオンとオフをなかなか切り替えられないこともあるかもしれません。『休みは休み。せっかくの貴重な時間を一緒に楽しむ』。この当たり前の感覚をたいせつにできれば、悩みや意識を共有できることも多く、互いに癒し合える付き合いになる傾向が多いようです。

不規則になりがちな勤務体系の者同士は、恋愛の始まりこそなおさら会う努力を
また、意外なところでは不動産業界は、土日が多忙で平日にゆっくり休めるような勤務体系です。どちらかと言うと、体育会系のノリがある業界ですが、意気投合できる性格のひとが見つかったら、ちょうど良いお付き合いができるかもしれません。こうして考えてみると、勤務体系というのは、恋愛に大きく影響する部分でもあり、特に恋愛の始まりであるならば、なおさらお互い『会う努力をする』ことがたいせつですね。

photo by Artsy Aubs

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る