彼氏のファッションがダサくてイライラ……どうすればいい?

彼氏のファッションがダサくてイライラ……どうすればいい?

「彼氏のファッションがダサくて気になって仕方ない!」

こんな恋愛のお悩み、ありませんか? 
アパレル業界にいると、どうしても人のファッションセンスが気になってしまうものです。ましてや付き合っている相手のファッションなら尚更です。

同じアパレル業界の人であればよいものの、ファッションに無頓着な人が彼氏だと、自分自身が気になるだけでなく、周囲からの目も気になってしまいます。

センスが命の職に就いている手前、男性選びについてもセンスが問われるからです。

実際、オシャレに無頓着な彼氏を持つと、デートに着てきたそのダサい洋服にイライラして文句を言ってしまったり、無理にかっこいい服を着せようとしたりする女性も多いでしょう。

ファッションコーディネートをしてあげれば喜ぶ相手もいるかもしれませんが、無理にオシャレをさせようとするのは、何か違う気もします。

「彼氏にもっとかっこよくなってもらいたい」という気持ちの裏側には、実は自分のエゴが潜んでいるのかもしれません。

彼がダサくて許せない! 本当はどういう気持ち?
「彼氏自身が、人からダサいと思われないように」「もっとかっこよくしてあげたい」。
そう思って、彼氏のダサいファッションを改革しようと躍起になっているつもりでも、実際は自分のメンツを保ちたいというのが本心なのかもしれません。もう一度、自分の本当の気持ちを見つめ直したいものですね。

「外見がかっこいい彼氏じゃないと自分にふさわしくない」。
もしかしたら、心の奥底でこう思っていて、“ダサい彼氏と付き合っている”と周囲から思われたくないと見栄を張る気持ちが潜んでいるかもしれません。

もし本当に相手のことが好きなら、そのダサさも含めて愛おしい。そう思える自分がいるはずです。

「ちょっとダサいけど、私の彼氏だよ」と、友達に胸を張って紹介できるのって、なんだか素敵ではありませんか?

食べ物にも好みや価値観の違いがあるように、服装についても好みや価値観の違いがあります。もしかしたら、相手は着飾ることをあまり好まないという価値観を持っているのかもしれないですよ。

相手のよいところに目を向けよう
長年、仲むつまじく過ごしているカップルに共通しているのは、相手のよい点をたくさん見つけていることだといわれています。

彼氏や旦那さんとうまくやっていくコツは、いかに相手のよい点に目を向けられるかがポイントだといえそうです。たくさんよいところを見つけていれば、ファッションがダサいということぐらい大して気にならないかもしれません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る