面接を最重要視? アパレル業界の仕事に就くために覚えておくべきこと

面接を最重要視? アパレル業界の仕事に就くために覚えておくべきこと

「アパレル業界での仕事に就きたい」との希望があり、派遣スタッフとしての働き方を選択した場合、すべては派遣会社におまかせでのんびりしていられるか? いえいえ、まったくそんなことはありません。基本的に、正社員であっても、派遣スタッフであっても、アルバイトであっても、まず履歴書やその代わりとなる書類を送るところから始まります。

どの業界の仕事に就く時も共通して言えることですが、派遣スタッフの場合、この選考書類を派遣会社で作成することがほとんどです。では、この書類をどういう形で作成しているかと言うと、派遣会社に登録した際に、記入や提出した書類及び、派遣会社担当スタッフと面談した際に話した情報を元にしているのです。つまり、仕事に就くためには、まず派遣会社に自分の希望やそれまでの経験などをしっかり記す、話すことが重要なポイント。

どのようにコミュニケーションをとる人物かを見られている、アパレル業界の面接
さて、最初の重要ポイントを抑えたら、次になにより最も重要な面接です。アパレル業界の場合、ショップスタッフやプレス関連で派遣スタッフを採用することが多いため、顧客やクライアントとのやりとりが重要となってきます。つまり、どのブランドやセレクトショップにおいても、面接でコミュニケーション能力を見るのです。顧客やクライアント対応ができるかどうか? どのようにひとと接する人物か? を面接官たちは見るわけです。なにも饒舌に語るひとを求めている、というわけではありません。では、どんな点を重要視されるのでしょうか? まずなにより求められるポイントは、しっかりとした言葉で会話ができるかどうか。ショップにより、ブランドコンセプトからのイメージの違いはあれど、やはりすべて接客業であり、プレスならば営業にも近い部分があることに変わりはありません。ショップやプレスに足を運ぶ、コンタクトを取る方々は、たとえどれだけ親しくなろうが、すべて顧客でありクライアントになります。ブランドのイメージを左右しかねないスタッフの立ち居振る舞いは、非常に重要視されています……これがイコール採用面接の際にチェックされるポイント。カジュアル系ブランドであるならば、ある程度のゆるさといったものもむしろ強みとなってきますが、そうは言ってもベースがしっかりとできているかどうかはたいせつです。面接中に面接官が砕けた話をする場合、面接という緊張を解きほぐし、普段の姿を見るという理由もあるのです。

派遣スタッフとして面接に臨む場合、派遣会社がなにより心強い存在になる
面接が不安な方もいるかと思いますが、派遣の場合、派遣会社の担当がいてくれることが心強い限り。面接にも同席することがほとんどであるため、緊張から言葉に詰まってしまった時などのフォローも期待できます。なにより、面接に臨む前に傾向と対策をアドバイスしてくれるため、こうしたバックアップがあることはなにより大きなメリットです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る