2015年春の「3.1 Phillip Lim」はベッドルームがコンセプト

2015年春の「3.1 フィリップ リム(3.1 Phillip Lim)」はベッドルームがコンセプト

2015スプリングコレクションが表現するのは、ベッドルームの官能的な親密さ。
解放と防御、実用性と華やかさ、光と影といった相反する意味合いの中で繰り広げられる世界。

ファブリックは、ベッドルームの華やかさとテクスチャー。
幾つもに重ねられた寝具やマットレス、そしてしなやかなシルエット。
揺れ動くカーテンの間からそっと差し込む、繊細な朝の光。

そこからインスピレーションを得た、立体的な曲線と機能性のコレクションとなっている。

また、リゾートコレクションは70年代のムードが投影され、オールドスクールのアスレチックやサファリのディテーリングなど当時のフリー・スピリット・カルチャーを体現している。

2015年にはブランド設立10周年を迎える「3.1 フィリップ リム(3.1 Phillip Lim)」。
人生を楽しみながら、今日から明日へ、昼から夜へ、国から国へといつでも軽やかに着こなせるワードローブを必要としているグローバル・シチズンのためのブランドとして、これからも目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る