デザイナー

デザイナー

【仕事内容】
アパレル業界で最も人気職種なのがデザイナー。時代の変化をキャッチして、流行を先取りし、漠然としたイメージを具体的なデザイン画に起こしていくのが主な仕事です。大手のメーカーになると業務が分業化されており、小さい会社ではデザインはもちろん、企画、制作から営業まで多岐にわたることも。 ファッションデザイナーは、シーズンごとに行なわれる新作発表会(コレクション)で作品を発表します。これからの流行をイメージし、素材や色柄、生産工程なども考えて、ブランドコンセプトにそったデザイン画を描きます。実際の服にする作業は、パタンナーをはじめとするスタッフが行いますが、デザイナーも一緒に仮縫いをすることもあります。縫製の技術と、洋服を完成させるまでスタッフに適切な指示が出せる実力や協調性も必要です。

【求められるスキル・適性】
デザイナーに必要とされる能力は、ファッションセンスだけでなく、服作りの技術やトレンドの歴史などに関する知識、さらには売れる商品を作るための企画力、企画をアピールするプレゼン能力、セールスプロモーションに関する知識など総合的なものを求められます。技術面では、現在デザインはコンピュータを使って行うことが多くなっているのでパソコン技術の習得も必須です。特別な資格や免許は必要ありませんが、ファッションビジネス能力検定やカラーコーディネーター検定などの資格は有効。

デザイナー・パタンナーの求人を探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る