MD(マーチャンダイザー)

MD(マーチャンダイザー)

【仕事内容】
アパレル商品の総合プロデューサーといえるのがMD(マーチャンダイザー)。自社ブランドを持つMDの仕事は多岐に渡り、市場調査、企画立案、サンプル製作、生産、流通の計画、販売指導までと、商品を企画する前の段階から商品が売れた後まで全てにかかわります。MDになるためには、ものづくりとマーケティングの両方に深い知識と実務経験が必要。小売りを展開する企業のMDは、商品のバイイング=仕入れがメイン。シーズンのトレンドや市場の動きを観察しながら「何が売れるのか」を予測し、売れ筋を作り出していきます。いずれも、ファッションだけに関わらず、時代の大きな流れを読む洞察力が必要になってきます。

【求められるスキル・適性】
市場調査・企画・生産・販売など商品を売るために必要な各専門領域に精通する知識と経験、各部署と連携するためコミュニケーション能力だけではなく、統率力も求められます。売上管理など数値的コントロールを行う業務も多いので数字に強いのも有利。商品の買い付けや企画の際、海外のデザイナーやアパレルメーカーの担当者と打ち合わせる機会も多いため、語学力も必須事項。流通の全てに関わるプロフェッショナルであり、企業が販売戦略を立てる際にも重要な役割を担うため広い視野とバランス感覚が必要です。

MD(マーチャンダイザー)の求人を探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る