「Nature en Scène」 プレイタイム東京にメイドインフランスのキッズファッションブランド出展

「Nature en Scène」 プレイタイム東京にメイドインフランスのキッズファッションブランド出展

メイドインフランスのキッズファッションブランド、NATURE(ナチュール) EN(アン) SCENE(セーヌ)、FWコレクション2015をプレイタイム東京に出展

2013年3月、服飾デザイナーでブロガーでもある若いママ二人、オーレリー・プラドルーとコラリー・マチューがコンビを組みました。以来、デザインを描き、型紙を作り、試作品を作成し、生地やトレンドを選択し、少しずつ自分たちのコレクションを作り出してきました。広報、商業化、戦略の決定、また、地元の経済にこだわったサプライヤーとの交渉も2人が共同で行っています。素材と仕上げの質に妥協せず、コレクションのすべてをフランスのアトリエで製作し、その一部は障害者の自立支援のための工房にも委託しています。

ナチュール・アン・セーヌは、シンプルで心地よく、優しくエレガントな服で子供たちを装います。ハーモニーに満ちたアイテムは、3か月の幼児から10歳の子供に至るまで、ありとあらゆるコンビネーションを最大限に楽しむことができます。小さい子が大人を装ったり、アクセサリーを服と合わせたり、女の子がボーイッシュに決めてみたりと、ナチュール・アン・セーヌならすべて可能です。どのコレクションも厳選された、優しく活き活きした色合いのオーガニック素材の生地に、リバティ・プリントを部分的に取り入れてハーモニーを創り出します。英国の有名なコットン・ポプリンのリバティ生地は、柔らかく絹のような光沢があり、最高品質です。またGOTS、Oeko-Tex、Altertexといった認証ラベルが、加工と製造の各工程の品質を保証しています。

生地に使われているコットンは有機農法の規格に従って栽培されたものを輸入し、すべてフランスで染色を施します。ウールも100%フランス製の完全天然素材です。化学染料は使用せず、白と黒のメリノウールを機械的に選別して色合いを出しています。毛糸は太くて軽く、フワフワしていてとても暖かいので、ソフトな着心地です。やはり有機農法で作られたリネン(亜麻)も、フランスで織り上げた完全天然素材で、一切染色を施していません。

ナチュール・アン・セーヌは、高級セレクトショップのバイヤーと会談や国際的な販売ネットワーク作りのために、再びプレイタイム東京に参加します。2014年8月のプレイタイム東京では、エコロジーの意識が非常に高く、美しい素材や丁寧な仕上げが評価され、「メイド・イン・フランス」を好む日本のバイヤーから複数の受注がありました。その結果、ナチュール・アン・セーヌのコレクションは、2015年夏、日本のセレクトショップ3店舗、香港1店舗で販売が開始されます。子供服業界の展示会に出展する一方、製品はインターネットの直販サイトでも販売されています。

ナチュール・アン・セーヌは、2015年2月24~26日、プレイタイム東京のB07ブースに出展します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る